知っ得情報

知っ得情報として、毎日の生活の中で知って得する情報をメモ代わりにしてまとめてみました。テレビ・ラジオ・ニュース・インターネット・広告・雑誌などで見かけた知って得する情報を調べてまとめてみました。皆様のためにほんの少しでもお役に立てればうれしいです。

キャッシング・カード

貸金業法とグレーゾーン金利

2018/03/13

kashikingure-zo-n-ec

貸金業法とグレーゾーン金利

貸金業法とグレーゾーン金利は、貸金業法の抜け穴を消費者金融が巧みに利用して利益を得ています。消費者は出資法と利息制限法により過払い金が発生しているかもしれません。貸金業法とグレーゾーン金利についてまとめてみました。

貸金業法とグレーゾーン金利の関係

グレーゾーン金利とは、消費者金融が利用する出資法と消費者を守る利息制限法の間で利率に差があることから過払い金が発生してしまうことが問題となっています。

貸金業法とグレーゾーン金利は、消費者金融などの貸金業が今までグレーゾーン金利を利用して利益を得ていたことで発生した過払い金が問題になり貸金業法改正などの動きが出たようです。

裁判所で長期にわたって争われたグレーゾーン金利は、最高裁判所が実質的なグレーゾーン金利を厳しく正す判決をくだしたことによって、いっきに今までの流れが変わってきました。

最高裁判所の判決を受け、貸金業法とグレーゾーン金利についての見直しが国会でも話し合われるようになってきました。

貸金業法とグレーゾーン金利は、貸金業法の抜け穴を消費者金融が巧みに利用した結果の問題といえるでしょう。

貸金業法とグレーゾーン金利の関係を見てみると出資法という法律と利息制限法という法律が密接にかかわっていることがわかります。

出資法は消費者金融などがグレーゾーン金利を得るために利用したい法律で、利息制限法は消費者金融を利用した利用者を守るための法律ということになります。

貸金業法とグレーゾーン金利の一番の問題は、出資法で定められた利率と利息制限法で定められた利率に開きがあることや、その開きに対して罰則規定が無かったことが問題だったようです。

お金を貸す方は当然少しでも高い金利で利息を計算して収益を増やしたいと思いますし、お金を借りる方は反対に少しでも安い金利で利息を計算して返済を抑えたいと考えます。

貸金業法とグレーゾーン金利は、その利率の差であるグレーゾーンの為に発生した過払い金をめぐる消費者金融と利用者の争いのみならず、出資法と利息制限法の争いともいえるでしょう。

そもそもグレーゾーン金利を生み出すような法律自体に矛盾点があることが一番の問題だと言えます。

貸金業法とグレーゾーン金利の見直しが進められているなかで、大手消費者金融も迅速な対策で手を打っているようです。

大手消費者金融のアコムでは、グレーゾーン金利を減らすべく金利の引き下げを行ってきました、同じく大手消費者金融のアイフルでも同様にグレーゾーン金利対策として金利の引き下げを行っているようです。

貸金業法とグレーゾーン金利の見直しや法の改正などが進むことは利用者にとってとても良いことだと単順に思いますが、逆にデメリットもあるようです。

デメリットとは誰でも気軽に消費者金融を利用できていましたが、少数ですがお金を貸してもらえない利用者もでてきているようです。

-キャッシング・カード