学習塾 費用

学習塾の費用はいくらかかる?

学習塾の費用は、平均して約150万以上もかかるといわれていますが、一概に費用を比較する事もできません。

 

学習塾の費用と選ぶときのポイントをまとめてみました。

 

学習塾の費用

学習塾の費用は、おおよそ中学3年間進学塾に通うと、平均して約150万以上もかかるといわれています。

 

大手の進学塾か個人の学習塾か、また集団指導か個別指導かによって多少の差がありますので一概に費用を比較する事もできません。

 

進学目的の学習塾でなければもっと安く費用を抑えることもできます。

 

学習塾の費用を計算する場合には、新聞の広告や進学塾からの案内に掲載されている金額だけではなく、その他にも様々な費用が必要となることになります。

 

まず学習塾の入会費用が必要になります。

 

基本的な授業料のほかに、夏期講習や冬期講習といった夏休みや冬休みの期間に行われる講習の費用や合宿がある場合の費用、その他にテキスト代や模試受験料など様々な名目で費用がかかる場合があります。

 

また中学受験や中学3年生の高校受験などは、通常の授業料よりかなり割高な費用になっている場合が多いようです。

 

細かな費用については広告や案内に掲載されることはあまりないので、説明を聞くときにしっかり確認する必要があります。

 

学習塾に通う場合は、学習塾の授業で配布されるテキストが多くあるので、自分で参考書などを買う必要はありません。

 

どうしても学習塾のテキストだけでは物足りないと思うときは、学習塾の講師と相談して購入するのがよいでしょう。

 

必要以上に参考書やドリルを購入しても、学校の宿題にプラスして学習塾の授業や宿題もあるわけですから、とても他の参考書まで手が回りません。

 

結局、自分で購入した参考書やドリルを活用することなく終わってしまえば、お金の無駄使いになってしまうので基本的には学習塾のテキストのみでよいでしょう。

 

学習塾の中にはテキストを購入しても、それを使うことなく授業を行う学習塾もあるようです。

 

夏期講習や冬期講習用のテキストを購入させるだけで、あまりにも活用しない学習塾は、疑問に思ったほうがいいかもしれません。

 

学習塾を選ぶポイント

学習塾の教育方針や、目的がしっかりと明確になっていれば信頼できる学習塾といえるでしょう。

 

志望校への合格や成績を向上させるために、どのような目標を立ててどのように達成させていくのかがわかりやすい学習塾を検討してみるとよいでしょう。

 

授業の時間割やコース、授業料がわかりやすい学習塾であれば、トラブルが起こる可能性も少なくなるでしょう。

 

まとめて授業料を納入させ、退塾しても返金してくれない儲け主義の学習塾もあるので、毎月ごとに支払う月謝制の学習塾が安心です。

関連ページ

保育士の仕事内容
保育士の仕事内容は保育所や保育園以外にも介護や福祉の現場や、ベビーシッターとしての仕事内容が増えており、保育士の求人や募集も増加しています。保育士になるための専門学校や資格取得の仕方。
速記の通信講座
速記の通信講座を利用すれば、空いた時間にマイペースで速記を学ぶことができます。早稲田速記講座で早稲田式速記の文字を学習し日本速記協会の技能検定試験の資格をとればプロの速記士として速記会社に就職し仕事ができます。