FXのスワップポイント

FXのスワップポイント

FXのスワップポイントとは、スワップ金利の高い通貨を持っている場合、その金利の差額を毎日受け取る事が出来るという仕組みです。

 

FXのスワップポイントでは、外国為替や通貨レートなど為替や金利などを注意していれば収入を受け取ることが可能です。

 

FXのスワップポイントとは

FXのスワップポイントとは、FXで取引を行った際の二つの通貨の間の「金利の差」です。

 

FXのスワップポイントを計算してみましょう。例えば1ドルを100円で、1万ドル分を買ったとしましょう。

 

その買いポジションを翌営業日まで持ち越した場合買ったドルには、(ドルを保有している訳ですから)その分の金利収入が入ります。

 

そして逆に、円については、1万ドル分相当の100万円を、証券会社から借りている(実際に100万円を入金している訳ではないですから、「借りている」という状態になります)ため、その分の金利を支払う必要があります。

 

FXの取引を行うその時々の通貨の金利にもよりますが、例えばドルが金利4%とすると、日本の金利は今の段階では、非常に低いですから、金利に差が出ます。

 

金利が高い方のドルを持っていますから、ドルの金利と日本円の金利との差を、毎日受け取る事が出来る。

 

これがFXでのスワップポイントです。

 

簡単に言うとスワップ金利の高い方の通貨を持っている場合、その金利の差額を毎日受け取る事が出来るという仕組みです。

 

もちろんですが、FXの取引では逆の場合もあります。

 

例えば、ドルの売りポジションを持っている場合、金利の高い方のドルを売って(借りて)、金利の低い円を持っているので、金利の差額を毎日支払う事になります。

 

この差額ですが、金額としては金利の高いと言われている英国のポンドを持っている場合でスワップポイントでの受け取りは、おおよそ1日あたり200円前後となります。(金利の変動により変わります)

 

FX取引業者のサイトには、スワップポイントの高い通貨の一覧や通貨ごとの比較などが紹介されています。

 

FXのスワップポイントの注意

スワップポイントは、二つの通貨の金利の差を利用するものです。

 

つまり金利そのものが変わってしまうと、スワップポイントの収入も変わってきます。

 

今の円は金利が低いですが、バブルの時期であれば、他の国より遥かに高い金利が付いていた時代もありました。

 

金利というのは、長い目で見ていると、かなり変わっていくものなのです。

 

つまり、今はドルと円でスワップポイント収入があるからと言って、これが永遠に続く訳ではありません。

 

そして、もうひとつ注意する点があります、価格変動リスクです。

 

例えばドルを買って、毎日スワップポイントを受け取っていたとしましょう。
仮にスワップの収入が1日100円だったとすると、年間3万円を超える収入になりますよね。

 

しかし、これは単に通貨を持っていただけの場合です。通貨のレートは毎日変わります。
例えばあなたが1ドルを100円で買って持っていたとすると、急な円高になって1ドルが90円になってしまったら、もし1万ドルを持っていたとすると、10万円の損が出てしまいます。

 

スワップにより3万円の収入があるけれども、価格変動で10万円の損が出るというような事態になってしまうのですね。(普通の人は10万の損失、と言うより円高になる前に対処すると思いますが...。)

 

これらは確かにリスクではありますが、よく注意してスワップ金利や価格をちゃんと見ていれば、大損するような事はないでしょう。

 

つまり、スワップポイントを期待して放置しているのではなく、しっかりと為替や金利などを注意しておくことが大切なのですね。

関連ページ

CMSFX
CMSのFXは、2005年11月に日本支店を開設し、CMS JAPANとして日本のFX市場にサービスを提供しています。CMS Forexなど外国為替市場で利益を得るための専門的なサポートで初心者でも安心のFX取引ができます。CMSFXが支持される理由からリスクまでを解説しています。
セントラル短資FX
セントラル短資オンライントレードの公式ホームページでは、外国為替取引の基礎知識、無料デモトレード、スワップ金利、為替レートなどマーケットの情報が満載です。セントラル短資オンライントレードのFXの口座開設から口コミや評判。